福祉活動
日記

栃木県認知症フォーラム

日付:
2016年10月2日(Sun)
於:
栃木県庁東館講堂

「公益社団法人認知症の人と家族の会 栃木支部」主催の 講演会及び座談会 があり、 出席してきました。認知症の方への心理的関わりやケア、家族介護者への支援についての講演がありました。
日本大学文理学部心理学科 助教 北村 世都 先生からの話は、 介護者へのアプローチで大切なことは何か・・・という内容でしたが、 「介護保険サービスを利用しない家族の支援」について話がありました。

なぜうちの家族がこんな病気になったのかという、 介護者の喪失感についての支援も必要になってきているとの先生のお話から、 単にサービスを提供すれば良いという状況にない家族もいるとのこと。 本当に難しい問題だと思います。

介護者は自分の悩みがどこにあるのか、それをうまく伝えることも必要なんだと思います。 状況を理解して寄り添ってくれるケアマネさんに出会えたら最高ですが、私の経験上、なかなか難しいです。 介護保険を活用するには、自分自身での学びも必要ですね。久しぶりの福祉セミナーでしたが、自分自身の経験に置き換えて考える機会になりました。

ページの先頭にもどる