福祉活動
日記

義母の暮らし/2

義母は今春90歳になりました。 心不全の大きな発作を起こして4年目。
当時では考えられなかった90歳。 

何度も危篤と言われ、家族を呼んで・・・なんてこともあり、
どれほど心配したかわかりません。

義母は、かかりつけの先生や看護師さん、そしてホームの皆さんに恵まれました。
そして、私たち夫婦の暮らしごと支えていただいています。

現在はグループホームでお世話になっております。
面会に行って義母の顔を見ると、いつも穏やか。
身体が弱ってくるから、どれほどのストレスもあろうかと思うけど、
本当に家族にとって義母がニコニコしているのを見るだけで、救われる思いです。

本当に感謝しかありません。

ページの先頭にもどる