福祉活動
日記

GHで会議!高齢者を狙った詐欺や徘徊などについて

日付:
2019年10月28日(Mon)

義母がお世話になっているグループホーム(GH)に出向き、2ヶ月に一度行われる会議に参加してきました。近所の交番からお巡りさんが来てくれて、高齢者の徘徊や詐欺事件についてのお話がありました。

詐欺事件はますます巧妙化していて、自分は大丈夫だなんて他人事でいられないこと、騙されるかもしれないと注意すること、不審なことがあったら必ず警察に電話することなど、改めて対策法を学びました。

銀行ではなくて、近所のスーパーからの振込を依頼するようなら、初めから疑った方が良いようです。年末には特に狙われやすいとの注意喚起がありました。ボーナスや年金が入る時期には要注意ですね。

また、これからの老後資金を蓄えている60代の方が詐欺に遭うケースも多いとのことです。 持っている!と狙われるのだそうです。 気をつけましょう。

また、高齢者の徘徊(認知症の方)については、地域力で防ぎましょうとのことでした。特に日光市辺りですと、「近所にいない見掛けない高齢者がいます」と連絡が入ることが多いとか。これからの季節はとても寒くなりますし、夜中に徘徊などすると交通事故に巻き込まれたりと危険です。

ご家族の負担もあります。悩みを抱え込まないで、最寄りの包括支援センターや市役所の福祉課を訪ねて、早めに相談したら良いかと思います。

義母が要介護認定5に(T.T)

入退院を繰り返すごとに体力は落ちてゆき、とうとう最高ランクの要介護度になってしまいました。ん~、悲しい。。。こまで来てしまったんだなぁ。自然に老いを受け入れている義母を見ながら、学ばせてもらっている気がします。

義母の大らかさ、周りの人々との関わり方、可愛らしさ、すべてがお手本だと思います。立派だなぁとしみじみ思います。家族としてはいつまでも元気な顔を見ていたい。でも、いつかは離れなければならないときが必ず来る。たくさんの人にお世話になって愛情をもらっている今の状況にも、感謝しなければなりませんね。

少しずつ義母を遠くに感じることもありますが、認知症が進みながらも、義母本来の優しさや穏やかさは健在です。定期的な通院をしながら、寒い時期を乗り越えられるように見守っていきたいと思います。

義母がお世話になっている、グループホーム会議に伺いました。

2ヶ月に一度、グループホームで行われている運営推進会議。昨日はその会議あって参加させて頂きました。

法定の会議で義母が入所してから5年目ですが、毎回参加しております。

グループホーム長のHさんがとても熱心で、2ヶ月間にあった出来事や、入所者の近況、認知症の高齢者にまつわる問題点について、さまざまな報告や意見交換などの場として、とても有意義な時間を過ごせています。

日光市福祉課職員の方や、居宅介護支援センターの看護師さんも参加され、専門的なお話を聞くことができるのでとても勉強になっています。

梅雨の気圧の関係で、体調を高齢者も多いそうです。義母も含めて、他の入所者の方にも元気に夏を乗り越えて欲しいと思います♡

なかむらひろこ

ページの先頭にもどる