福祉活動
日記

「80歳の壁」=和田秀樹先生=

日付:
2022年9月12日(Mon)

人生100年時代。人が一世紀生きる時代になりました。英国エリザベス女王が96歳で亡くなりましたが、急な訃報に驚きました。おしゃれで、優しい笑顔。晩年は明るい色味の品格あるお洋服が印象的でした。亡くなる2日前まで公務をこなされていたとか。100歳に近いご年齢でありながら、端から見たお姿はお元気そうでした。

わたくし事ですが、義母との同居15年・ホーム5年の暮らしから、80歳の変化をそばで見てきました。「80歳の壁」という本のタイトルを見たとき、やっぱり80歳は一区切りなのだと思いました。認知症なのかな?と感じ始めた頃が、ちょうど80歳でした。

嫁が家事万般を担う生活の70代。義母の年代ですと、嫁がやるもの!という考えが強かったように思います。できることは自力ですることは、本当に大切なことなのですよね。

実家の母も、「80歳になったら、身体が違うんだよ~」と言っていました。体調を崩してしまい、どうしたらよいものか?と不安な日々でしたが、それも80歳ちょうどのとき。70代を終えて80代を迎えるときは、周囲も少し気に掛けてあげる必要がありますね。

80歳を元気に迎えるためには、手前の70代の生活が大切、元気な70代を迎えるためには、その手前の60代の生活が大切だとつくづく感じます。何らかの運動をしないと、60代には変化がなくても、70代は足腰が弱くなって転倒につながり、80代になると寝たきりになるなど、やはり10年ごとの変化を意識した生活が大切になるようです。

80代は認知症が現れやすくなってきます。単なる物忘れとは異なる、いつもとは違っているなぁ~と感じたら、早めの受診が必要なようです。本人は気付かないのですから、周囲の見守りが必要ですね。

わたしもそろそろ還暦が見えてきました。若いつもりでも転びますし、転べば怪我につながります。健やかな80代を過ごすには、これからの60代で基礎固めです。70代をどう生活するか、そのために60代をどう生活するか。自分でしっかり考えていかないとダメみたいですね。

読みたい本が溜まっていますが、「80歳の壁」はぜひ手にとって、読んでみたいと思っています。

画期的な取り組み(車内で一度に医療介護相談)

救急車を呼ぶほどのことでもない、かかりつけ医の診察を受けたいけど、何らかの理由で受けられないときに、車内での医療介護相談というスタイルがあったら、気持ちが楽になります。高齢者には医者嫌いの方がいて、家族はどこにどのように相談したら良いかわからないということもあります。自宅近くに車で来てくれて、医療介護相談ができれば、こんな有り難いことはありません。新型コロナウイルスの影響で、外出を控えたい、人混みを避けたい、プライバシーを守れる環境があったら、是非相談したいという方はたくさんいると思います。

老衰って?

日付:
2020年4月1日(Wed)

老衰について、私は母を通して始めて知りました。あるホームページを読んで印象的だった言葉があります。

「天寿を全うすることを医療が邪魔しないこと」

亡くなる前に食べられなくなることにより脱水状態となり、徐々に眠くなる時間が増えて、ADL(日常生活動作)が低下していきます。母は要介護5でした。亡くなる前には食べられなくなっていきました。脱水状態にして自然に看ていくのが最期を楽にする方法なのだそうです。身体の状態にあったちょうどよい傾眠、穏やかな呼吸で最期を迎えることができるのだそうです。

最期の状態を実際に見ていた介護士さんの話から、母は老衰で亡くなったと言えると思っています。苦しむことなく、旅立てたのだと思っています。家族だからそう思いたいのかもしれませんが、老衰ってこういうことなのかと学ぶことができました。

死は病気ではなくて自然なこと。自然死を見守ることはなかなか勇気が要ります。点滴=元気になる、元通りになるっていう考えを強く持っていたものですから。

「天寿を全うすることを医療が邪魔しないこと」家族が静かにお迎えを見守ることも、ひとつのあり方なのだということを母から教わりました。そして、これだけ長寿国となった今、老衰に対する学びと理解は必要だと思います。

心不全の大発作から5年4ヶ月。あのときの凄まじい苦しみ様からは想像できない、穏やかな最期と言えます。骨折もなく、褥瘡もなく、むくみもなくきれいなお顔でした。

看護師さんから言われたこと、「お母様の身体はとってもきれいでしたよ」

ホームの皆さまが良くして下さったこと、感謝申し上げます。

なかむらひろこ

ページの先頭にもどる